新着ニュース一覧

2021-10-31 • 日曜日
17:04

Japan AVF HOLDS HANDS IN SONA TO BUILD NFT ecology

According to official sources, T-power, Japan’s largest AV copyright owner, has announced that it will soon begin creating and releasing NFT copies of SONA and enter into a deal with SONA coinage. Starpunk operating NFT Alliance (SONA) is a decentralized and autonomous organization (Dao) platform, audited by the Soken  , and is the heavyweight blockchain authority that audits OpenSea. The no preorder, no private offering by the Geek Coalition of America is the NFT Super Cross chain token, backed by the Andreessen Horowitz Foundation. NETWORK1 aims to connect blockchain/NFT game start-ups with a global community of players and encrypted investors through a diversified “Play-to-Earn”mechanism to form an NFT trading alliance. NETWORK2 BUILDS SONA as a decentralized multi-and cross-chain NFT exchange, trading platform, creative hub, social media platform, NFTIDO platform and pledge application. SONA is building the ultimate NFT platform that can be used in every popular native chain, with all the features of the entire NFT market in a single application, allows anyone to seamlessly create, buy, sell, exchange, grow, and utilize NFT in different blockchains. Anyone using SONA can access its entire NFT, thereby releasing the total value of the NFT market. AVF is short for Adult Video Fans, and is currently the largest AV group agency in Japan, with hundreds of well-known artists. The goal of this collaboration is to set up an NFT interactive entertainment platform for AV stars and fans around the world, as well as an internet celebrity economy featuring Japanese AV actresses, by organizing female youtu.com celebrities to participate in the live broadcast of the big platform in the form of trade unions, by SONA reward, live broadcast of NFT works, off-line roadshows and deep participation in the self-built one-stop social NFT platform, more than 100 million NFT AV fans around the world are better able to interact with female porn stars.

2021-10-29 • 金曜日
16:04

メタユニバースの名称を変更したフェイスブックと、メインネットワークの誓約書を正式にオンラインで発表したデフィの新巨人リブラ、おめでとうございます。

最近の重いニュースは、2021年、Facebookはメタ宇宙の名前を変更メタ宇宙の将来のために直接オープンドライ、ここでは、暖かくFacebookを祝福し、国家の境界を超えて、人間の組織を再構築しようとしている、とちょうど昨日、defiの新しい巨人天秤座天秤座、昨日、世界が正式にメインネットワークの誓いをオンラインで起動し、天秤座は、一度オンラインで、世界を爆発させました!それは、あなたがそれを行うことができます。 昨日の登録者数は3万人を超え、プレッジ額は37万USドルを超え、皆の注目を集めたLibraは、間違いなく昨日のブロックチェーン界の話題の中心となりました。 そして今現在も、Libraが作った神話は続いています。 Libraのミッションは、シンプルでボーダレスな通貨と、何十億人もの人々にサービスを提供する金融インフラのセットを構築することで、それはまさにFacebookのゴールであり、同時にメタユニバースのエコロジーが火を噴いていて、それによってLibraはメタユニバースのエコロジーの真新しい始まりを開いているのです。一緒にLibraの暗号通貨の輪を見守っていきましょう! 神話。

2021-10-23 • 土曜日
18:23

マディソン・ホールディングス、マルチチェーン・ウォレット・プラットフォーム「AoLink」への戦略的投資を計画

Madison Holdingsは、マルチチェーン・ウォレット・プラットフォームであるAoLinkへの戦略的投資を計画しています。 AoLinkが立ち上げたクロスチェーン・ウォレットは、現在、何万人ものユーザーがデジタル資産を科学的に保管することを支援しており、Ethereum、Polkadot、Kusama、Cosmos、Eos、Tronなどのブロックチェーンの相互作用とアクセス支援をサポートしており、現在、高品質なアプリケーションのためのサポート設備を開発する道を模索しています。 Web 3.0アプリケーションの急速な発展を支える

2021-10-17 • 日曜日
13:27

Libraのメインネットワークが全世界で稼働、ネットワーク全体の登録開始

天秤座チームによると:天秤座は10月14日になります – 10月28日の合計15日間、天秤座メインネットワークグローバルオンライン、各ノードコミュニティのレイアウトは、この期間中に、グローバルシステムオープン登録を開始しました。28日グローバルオープン算術マイニングの日の後、それは現在の韓国、日本、中国、シンガポール、ドバイや他のマルチシティノードが開始されたことが報告されている。 Libraのグローバルスーパーノードの募集も締め切りに向かっています。世界のLibraコンセンサスユーザーの参加を歓迎します。世界ナンバーワンのデジタル資産であるDeFiを構築し、真の経済的自由のために戦うためのグローバルコンセンサスが発足します。libraは、信頼できる革新的なDEFI金融ネットワークを構築し、世界の産業に力を与えています。さまざまな 天秤座からは、これまでとは違ったサプライズを期待しています。

 

2021-09-16 • 木曜日
13:10

Dream Kingdom NFTゲームが第三者割当増資を実施、メタバースゲームブームを巻き起こす

夢王国公式コミュニティとTwitterからの最新情報:夢王国トークンDKの第一弾(9月15日16時28分に開始)は、1時間で完売し、無事終了しました。 本日(9月16日)午後4時28分より、DKトークンの第2弾が登場します! Dream Kingdomは、Firecoin Smart Chain(HECO)プラットフォームをベースにした、西洋をテーマにしたオンチェーンNFTゲームで、メタバースNFTとDreamworldの技術を完璧に組み合わせたものです。DKを通じて、夢王国のメタバース世界のバランスを取りたいと考えています。

2021-07-31 • 土曜日
17:04

BCLが創世記を開き、分散型金融デリバティブ産業が再びピークを迎える!

BCLは、BCL DeFi FoundationがBSCをベースに、戦略的投資とエコロジーガイダンスのために開発した新世代の分散型金融デリバティブ取引プラットフォームであると報告されています。 BCLのオンチェーンシステムは、予言マシンを配備することで、現実世界と対話してデータを取得し、DEFI+インテリジェント投資アルゴリズムを使用して、科学的で合理的なインテリジェントデジタル資産取引環境と資産管理サービスをユーザーに提供しています。 また、複数の破壊メカニズム、ノードのコイン保有アドレスへの自動分裂、ダブルドリブンの収益、資本市場の血液生成、資本の安全性(自分の手で)、チェーン上のデータの追跡可能性(オープンで透明性)などの機能により、金融セクター全体をカバーするプラットフォームを実現し、オープン性の原則に基づき、開発者コミュニティを設立して、より多くのユーザーや企業がBCLのエコロジー構築に参加できるようにし、従来の中央集権的なデジタル金融システムの限界を打破し、分散化の目標を実現しています。 国境のない地方分権を目指して。

13:24

メタ世界初のNFTゲーム「KID DOGE」の先行販売を間もなく開始します。

公式ニュースによると、メタ世界初の自動宣言機能付きNFTゲーム「KID DOGE」が、8月7日17:00(UTC)にCoin Smartchainのメインサイトで先行販売を開始します。 その際、ユーザーはPanckeswapで購入するか、公式サイトに入って先行販売に参加することができます。 公式サイト:https://kid.finance/

今回、YuanjieはNFTゲーム「KID DOGE」のゲームプレイと経済モデルを革新したと理解されている。 ゲームプレイに関しては、ユーザーはクレームに参加する必要がなく、トークンは60分ごとに自動的にウォレットに送られるため、ユーザーに便利なゲーム体験を提供することができる。 経済モデルとしては、各ユーザーの取引の5%が「Pancakeswap」の流動性安定化価格フロアとして使用され、各取引の3%が生態系の持続可能性を促進するために破壊されます。 また、ユーザーの売買取引の際には、4%のBNB手数料がすべてのトークン保有者に再分配されます。

KID DOGE』は、NFTタイプのゲームとしては初めて自動宣言機能を備えた拡張ゲームプレイとなっており、ユーザーのゲーム体験を総合的に高めるだけでなく、ゲームの楽しさも増しています。 今後も続々と公式アクティビティやゲームプレイがアンロックされていきますので、ご期待ください。

2021-07-25 • 日曜日
01:09

BTFinanceの多様なエコシステムがまもなく開始されます

BTファイナンスの公式紹介によると、そのエコロジーセクターのDEXと多様なNFTが8月下旬から9月にかけて次々と発売されます。 多様なエコロジーアプリケーションを実現するために、DEXおよびNFTカードゲームはBinanceエコロジカルチェーンにリストされます。 同時に、グローバルアーティスト協会によるNFT作品の最初のバッチがTRONに表示されます。

NFT作品の最初のバッチは、BEE支払いのみを受け入れると報告されており、特定のオークションゲームプレイが正式に発表されます。

2021-07-13 • 火曜日
17:25

CFAのパートナーである宇宙航空研究開発機構から、宇宙環境チャリティ基金への165億4,200万円の寄付の申し出がありました。

CFAの宇宙開発プログラムの中でも、特に重要な役割を担っています。 情報筋によると、日本の代表的な宇宙開発・研究機関である宇宙航空研究開発機構は、SECFの宇宙環境保護のコンセプトとスペースプログラム(CFA)の宇宙デブリ除去のコア技術、および宇宙デブリ除去の実現可能性に関心を持っているとのことです。 彼らは、スペースデブリ除去のコア技術や、スペースデブリ除去の実現性に非常に興味を持っています。 また、165億4,200万円を寄付し、宇宙環境チャリティ財団と協力して、宇宙軌道上の環境の総合的な安全性を開発することにも意欲的です。 持続可能な宇宙の時代に向けて研究開発を加速し、軌道上サービスの商機を拡大する。

2021-07-05 • 月曜日
15:24

スーパーソルジャーマインオーナー(BOSS)市場の高級車報酬プログラムが世界中で開始

スーパーソルジャー運営チームからの最新ニュース:スーパーソルジャーマーケットの高級車報酬プログラムが世界的にリリースされ、全国の6つの主要な地域市場、12のオフライン鉱山スタジオと海外スタジオが同時にオンラインになっています。 報酬プログラムは3つのレベルに分けられます:BMW 5シリーズ(300,000-500,000);メルセデスベンツメイマッハSクラス(140-160万)、メルセデスベンツグランドG(220-260万);の第1フェーズと第2フェーズメルセデスベンツの高級車報酬プランが無事に開始されました。 スーパーウォリアーの当初の共有マイニング投資計画。すべての投資利益は、スーパーウォリアーのマイニング収益の正の比率から得られます。最近、投資保証契約も開始しました。市場は急上昇しており、コミュニティのトレーニングと任命は圧倒的です。 私たちは、疑似金融を覆し、鉱業を変え、双方にメリットのある未来を実現することを目指しています!

2021-04-19 • 月曜日
21:11

【ポルカエコロジー初の軽量パラレルチェーン「タレス」が正式にマイニングを開始】

ポカエコシステムの最初の軽量パラレルチェーンであるタレスは、2021年4月21日の日本時間午前8時に正式にマイニングを開始し、マイニングによってタレスのパブリックチェーンの最初のジェネシスブロックと、最初に50個の完全に流通したタレスのエコパスであるIPSTを生成します。タレスのストレージネットワークレイヤーであるIPS(IPS-Thales)マイニングは、先駆的なものです。 IPS(IPS-Thales)のマイニングは、複数のマシンを採掘する1+6マイニングの仕組みで、IPS(IPS-Thales)のエコシステムの下で主流となっているストレージコインFIL+IPSTと上位5つのエコアプリケーショントークン(POC, TMT, NWT, POT, AOE)を同時に採掘します。

IPS(IPS-Thales)マルチマイニングマシンは、現在、DOT(PoC)の「スロット」オークションに参加し、IPS(IPS-Thales)プロジェクトに投票したコアコミュニティのみが加入できるようになっており、スマートコントラクト技術により、最初の300万のDOT(PoC)ポジションが自動的にロックされ、IPS(IPS-Thales)プロジェクトに投票することができます。 IPS-Thales)プロジェクトの投票アドレスが早期にエアドロップ1:100x IPSTトークンのインセンティブと他のトップ5エコロジカルトークンを確保するために、コアサポートコミュニティが事前に1:100xエアドロップインセンティブをロックし、マイニングによって完全に循環したIPSTトークンを取得します。

 

2021-04-08 • 木曜日
12:43

メルカリが暗号資産市場へ参入、「メルコイン」設立

株式会社メルカリが、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的に、子会社として2021年4月下旬に株式会社メルコインを設立することを発表した。猫も杓子も暗号資産という状況ですが、フリマアプリを展開するメルカリが新たに暗号資産市場へ参入を発表しました。

 

フリマ自体がピアツーピア(個人間取引)であるため、親和性が高いと考えられます。

フリマは常に偽物リスクが伴いますが、今回ブロックチェーンビジネスを展開することで、真贋証明を取り入れることも可能になります。

反対に、過度に真贋証明が充実してしまう場合、既存ビジネスのメルカリで証明がない商品が購入されないというジレンマが生じる可能性もあります。

現在、ブランド品にはブロックチェーンの真贋証明が採用されつつありますが、高額ではない一般商品では真贋証明の採用はまだまだ先の話になりそうです。

今後、ブロックチェーンを過度に信用する顧客ばかりになれば、ブロックチェーン上に証明書のない商品は怖くて購入ができないという可能性も出てきます。

メルカリとしては競合他社に市場を一新される前に自社で自ら挑戦することを選んだと言えるでしょう。

この結果がどちらに転ぶのかはとても楽しみです。